エロ体験談

【エロ体験談】身近な女の子との破廉恥な話~意外と簡単にヤレる~

通勤途中や職場で目にする女の子にムラムラすることってありませんか。

意外とかわいい子が多く「あの子と色々できたらいいのに」と思うことありますよね。

清楚に見えても意外とやることをやっている女の子。

今回はそんな女の子との出来事を紹介していこうと思います。

タイトルには「清楚系ギャル」と書きましたが、清楚に見えても意外とノリの良い女の子が身近にたくさんいます。

あなたの周りにもあなたの望みを叶えてくれる子がいるかもしれません。

もし、風俗通いをしているのであればしなくていいかもしれません。

まさかこの子が?!アプリで知り合った女の子

まず紹介するのが、マッチングアプリで出会った女の子です。

見た目が黒髪の清楚系で単純に「可愛い」と思った事からアプローチを取ってみました。

その結果、返事も返ってきてしばらくメッセージをやり取りするようになり、お互いの趣味や食べ物も同じものが多く会ってみましょうという事になりました。

ここまでは一切下ネタは出していません。それに私自身もSEX目的というよりは単純にこの女の子と友達になりたいという気持ちが強かったのです。

メッセージでお互いに日程を調整していよいよ当日を迎えました。

お互いの住んでいるところの中間である駅を待ち合わせ場所にしました。

お互いに行ってみたいイタリアンの店が被ったことから、ランチをそこで取ることに決めていました。

俺は緊張しながら自宅を出て、待ち合わせ場所に向かいました。

食事だけのつもりがまさかの誘いに

待ち合わせ場所に着くと、すぐに彼女は現れました。アプリの写真で見た通りの黒髪に淡い色のスカートを合わせた「The 清楚」と言わんばかりの風貌で、俺の緊張は最高潮になりました。

正直なんでこんな俺なんかと会ってもらえるのかがわからないほどきれいな子で、俺が「初めまして。○○ちゃんですか?」と尋ねた時の「はい!○○さんですね!お会いできてうれしいです」と笑顔で言ってくれた表情が言葉にできないぐらいに尊過ぎて直視できませんでした。

ランチの予約時間もあったため、店に向かって歩きながら彼女と話しました。

改めて「俺で大丈夫なのか」と話をすると、年上が好きでアプリの中でも気になる存在だったので大丈夫との事。

俺は一安心し、落ち着きを取り戻しました。

彼女とは10歳ほど年が離れていて、正直話題が合うのか不安であったが、分からないことには「教えてほしい」と言ってくれる彼女の姿勢に俺は好感を持ちました。

レストランに入りランチのコースをオーダーし、せっかくの休みだから少しだけアルコールを飲んじゃおうという事になり、グラスワインで乾杯をしました。

彼女との会話に話題は尽きずに食事も本当に楽しくすることができました。

食後のコーヒーを飲みながら「美味しかったね」と話しをしているとき、彼女から「この後どうしますか」と切り出されました。

俺は「うーん。考えてなかったけど、○○ちゃんはどこか行きたいところある?」と聞くと、少し恥ずかしそうに「○○さんの家に行ってみたいです」と答えた。

俺よりも俄然やる気の女の子

流石に初めましてで自宅に女の子を連れていくのは少し怖いと思い、「いきなり知らない男の家に行くのはだめでしょ」というと、彼女は「私も○○さんに嫌われたくなくてダメだと自分に言い聞かせていたんだけど、もっと一緒に居たくて、できれば○○さんの家でもっとお話ししたいと思って。もし○○さんが嫌であれば今日は別の場所にします。」

女の子にここまで言われて俺も「わかった。じゃあ俺の家に行こうか。汚いけど許してな」と腹をくくりレストランを出て家へと向買いました。

家に入ると、彼女はソファーに腰掛けキョロキョロと周りを見回しています。

女の子を家に入れるのがほんとに久々だったため、照れくさいような嬉しいような不思議な感情になっている俺に彼女が「○○さんのお部屋綺麗ですね!」と笑顔で話してくれました。

そこから話をして彼女の家の事、仕事の事、家族の事一通り話し終わったときに、俺から誘ってみました。

「俺と、その、どうかな」

彼女は少し顔を赤くして「はい」と答え俺との距離を縮めてきました。

俺はさっきの言葉で意味が伝わったのかわからなかったが、彼女からキスをしてきた時に伝わっていると確信しました。

それからはお互いに貪るようにキスをし、着ているものを脱ぎお互いの体温を肌で感じるようになりました。

彼女は積極的に俺の感じるところを探してきます。

首筋、乳首、脇、へそ、様々なところを責め俺の感度を確認しているようです。

今日初めて会ったばかりの子とこんなエロい事して俺は夢見心地でいました。

その後のフェラから挿入に至る過程も積極的な彼女に身を任せ、俺はいやらしい彼女の表情や仕草に終始興奮していました。

挿入して腰を動かし始めるとそれに合わせて彼女の呼吸が荒くなり、声を漏らすようになりました。

「気持ちいい?」

そう聞くと必死にうなずく彼女。それを見て俺はますます興奮し彼女を責め、絶頂へと導きました。

恋人探しのつもりがセフレを見つけました。

彼女とのSEXが一通り終わり、二人でシャワーも浴びずに寝ている時に「こんなことってあるんだな」と独り言を言うと、彼女は「私もこんなの初めてです」と言って笑いました。しばらく話をして一緒にシャワーを浴び、LINEを交換し、彼女を駅まで送り届けました。

彼女からLINEで

「今日はありがとうございました。○○さんがアプリの写真よりもすごく素敵でずっと緊張してました!初めて会った人とエッチしちゃうだなんて思ってもみなかったですが、○○さんとエッチできてすごくうれしかったです。また一緒にデートしてください。」

といった内容のメッセージが届きました。

それから定期的に彼女とLINEでやり取りし、デートをしていますがそのたびにエッチをすることになっています。

恋人というよりかはセフレに近い感覚でいるため、これはこれで彼女のいない俺には必要な存在なのかなと思っています。

こんな可愛いセフレが出来て大満足です。

まさかこの子が?!会社に派遣できている女の子

私が勤務する会社に派遣社員として20代の女の子が来ました。

私は会社で経理担当として働いており、派遣できた女の子も経理部に配属され、俺の真向かいの席で仕事をすることになりました。

見た目は落ち着きのある女性で凛としている姿がとてもすてきだなというのが第一印象です。

もともと経理の専門学校に行っていたこともあり、経理的にあ知識は十二分に持ち合わせている為、後は会社になれれば即戦力として仕事ができると期待されるほどの人材でした。

彼女は人当たりが良く私に対してもわからないことがあれば「少しよろしいでしょうか」と話しかけてくれました。

世間話から思いも寄らぬ展開へ

彼女が経理部に配属されて三か月が過ぎ、会社に慣れてきたころ、給湯室で偶然一緒になり世間話をしました。

私は「若いのに経理の知識も豊富で仕事もできてなんで派遣なんかやっているの?もっと良いところで働けるでしょ?」と聞くと彼女は照れ笑いしながら「私なんてまだまだですよ」とこれまでの経歴を話始めました。

税理士を目指して勉強している事、ゆくゆくは税理士として独立したい事、夢を語る彼女の表情はキラキラしていて俺はドキッとしました。

そんな彼女に「良かったら今夜食事でもどうかな」と聞いてみると「え、いいんですか!?」と彼女は笑顔でOKしてくれていました。

何で俺も誘ったのか後から考えても分かりませんでしたが、それでも彼女との食事の約束が出来て内心わくわくしながら仕事をしていました。

定時を迎え会社の外で待ち合わせをして食事に出かけました。

彼女はワインが好きだという事で駅近くの繁華街のスペインバルに行く事にしました。

ワイン片手に仕事や夢を語る彼女は素敵で、俺は彼女の話を聞くのに夢中になっていました。

俺がボーっと見つめているのか時折彼女が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれるが、俺はそれどころではなく、もっとこうして彼女の話を聞いていたいと思っていました。

会社内でのやり取り

翌日、会社で彼女に会うと「おはようございます。昨日はありがとうございました」と笑顔で話しかけてくれました。

俺は「二日酔いは大丈夫かな?」と話しかけると「全然大丈夫ですよ。良かったらまた誘ってくださいね」と言い席に着きました。

俺は若干飲みすぎて二日酔い気味だったが、彼女の手前しんどそうな姿は見せられないと、気を引き締めて仕事に向かいました。

仕事中に彼女が書類を持ってくるときに私の机の上にメモを置きました。

私は何かと思って見てみると「時間があれば給湯室でお話しできませんか」と書いてありました。

勤務中ですが少しなら良いかと思い私は席を立ち給湯室へ向かいました。

その様子を見た彼女も私の後をついて席を立ちました。

給湯室に入り待っていると彼女も来たので「何かあったのか」と聞くと、彼女は少し気まずそうな顔をして「伝えたいことがあったので、、」と言い出しました。

私は黙って彼女の言葉を待っていると、彼女が話し出しました。

「私、ずっと○○さんの事気になっていて、昨日食事に誘われて舞い上がってしまってその後もあるかと思っていたけど何もなく終わってしまったからどう思われているのか気になって」

堰を切ったように思いを吐き出すと、少し涙を浮かべて私の顔を見てきます。

私は少し困りながら「○○さんに対してまだ好きとかって感情はないけど、また一緒に食事に行けたらとは思っているよ」と答えると安心したのか、彼女は笑顔を見せました。

また一緒に行こうかと約束をして席に戻ると仕事に取り掛かりました。

なぜ彼女が急にこのような事を言い出したのか正直わからないという思いが残るも女の子から好意を持たれるのはうれしいものだと思っていました。

未遂に終わったものの・・

それからしばらくした時、予期せぬことが起こりました。

仕事中に私がトイレからデスクに戻ろうとしたとき、彼女から声を掛けられ、ついていくと非常階段付近の人目が付かないところで急に抱き着いてきました。

私は何が起きたのかわからず動揺していると彼女が「急にすみません。でも我慢できなくて」そう言いながら私に抱き着くことをやめずにいました。

私は「会社でこういうことはまずいよ。」と言い彼女を話しました。

彼女は少し残念そうな顔をすると、「どうしてもしたかったんだもん」そう言ってその場を離れていきました。

私はその場に残されて唖然としていました。

その後も似たようなアプローチはあったものの、会社という場所では理性が働き彼女と距離を置くようになりました。

結局性的な事は致すことはなく終わりました。一体何がしたかったのかはわかりませんが、一見清楚に言えても意外と肉食な一面があるんだなと思った出来事でした。

まさかこの子が?!高校の後輩の女の子

社会人になって久しぶりに会った高校の後輩の女の子。

高校時代はおとなしく優しい彼女が、ずいぶんと垢抜けて大人の女性になっていて会った瞬間は誰かわかりませんでしたが、話しかけられて話をしていると昔の面影を感じ懐かしく思いました。

しかし再開を果たした場所は風俗店という予期せぬ場所。

そんな再開から事に至るまでの話をしていこうと思います。

酔って入った風俗店でまさかの再開

久しぶりに友人と飲みに町へ繰り出し、酔っぱらってきた時に友人から風俗へ行こうぜと誘われ迷わずにOKをして風俗街へ向かいました。

友人行きつけの風俗店があるという事で店へ入るとお互いに女の子を指名して別々の部屋へ分かれていきました。

俺は酔っぱらっていたのと久しぶりの風俗という事でソワソワしていましたが、実際に女の子を前にしても下半身が熱くなるのを感じたので、「まだまだいけるぞ」と変に自信を持っていました。

女の子と対面した時、「あっ」と女の子が言い驚いた表情をしていましたが、すぐに笑顔になり「はじめまして」と挨拶をしました。

俺は少し不思議に思いましたが、酔っぱらっていたせいかあまり気にせず服を脱いで彼女とシャワーへ向かいました。

そこからシャワーを浴びて準備をしている時に彼女から「あの、○○さんですよね」と言われ固まりました。

内心「誰?」と思考も固まり何も答えずに居ると「○○高校の○○先輩ですよね」と改めて聞かれて、俺は「そうです」と答えました。

彼女は「やっぱり!」というと嬉しそうに笑っていました。

俺は恐る恐る「ごめんなさい。誰でしたっけ?」そう聞くと彼女は話し出しました。

話を聞き終わると「あー!!○○さんね!」と完全に思い出しました。

しかしお互い裸でここは風俗店という場所で思い出話をする雰囲気でもなく、俺はどうしようかと思っていると、彼女から「すみません。もし私じゃ嫌でしたらチェンジしてくれても良いですよ。

本当は何も言うつもりがなかったのですが、どうしても懐かしくなっていってしまいました」と申し訳なさそうに謝られました。

私はチェンジしようか迷いましたが、自分の下半身に目をやるといつも以上に元気な息子を見てチェンジをやめました。

動揺はしても体は正直

彼女からの思わぬ告白にかなり動揺しましたが、下半身はギンギンという何とも恥ずかしい状態で、俺って駄目な奴と思いつつも、高校時代とは変わって大人の女性になった彼女に欲情せずにはいられませんでした。

彼女にチェンジしないと伝えると笑顔になり早速プレイに入っていきました。

「○○先輩、気持ちいい」

と俺の本名で呼んでくれるので俺は学生プレイをしているような錯覚し、かなり興奮しました。

彼女もノリが良く積極的に俺を求めてくれて楽しい時間を過ごすことができました。

男の体ってどんな相手でもやりたいと思えば反応するのだと、改めて勉強になりました。

彼女からの誘いに俺は・・・

プレイが終わった後に彼女から連絡先の交換をしませんかと言われたが俺は「また今度」と断りました。

彼女はまた会いたいと言ってくれましたが、プレイが終わるころには酔いも覚めていてだいぶ冷静に考えられるようになっていましたので「店以外で会おう」と言いました。

正直彼女と会うとまたSEXが出来る気がしているが、高校時代の後輩とセフレになるのは少し気が引けます。

ものすごい迷っての決断だったので今思えば、「あの時連絡先交換しとけばよかった」と後悔する時もある。

彼女に「また今度」と言った時の反応は「先輩らしい」という言葉と共に少し寂しそうな表情が印象的でした。

なぜ風俗で働いているのか、高校を卒業してどうしていたのか深い話はしていませんが、大人の女性になった彼女には素敵な伴侶を見つけて幸せになってもらいたいと思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一見清楚に見えても性的な事に積極的な女の子は身近にいます。

私自身色々な体験をしている中で、風俗に行くよりもエッチなシチュエーションは身近にあり、ふとしたきっかけで発展することが出来ると思います。

出会い自体もアプリやSNSで女の子と会うことが出来ますし、自分次第でどうにでもなると感じている今日この頃です。

皆さんの周りにも気になる女の子がいると思います。

あとはきっかけがあれば関係が変化していく事になると思いますので、自分から仕掛けるのか、チャンスを待つのかよく見極めていきましょう。

安心安全なおすすめAV動画サイト

  • U-NEXT *フルHD高画質でAV作品を楽しみたい人*
  • FANZA見放題chライト *有名AV作品を500円で楽しみたい人*
  • ゲオTV *30,000本以上のAV作品を見放題で楽しみたい人*

AVを見られるサイトの中には、無料で視聴できるサイトもあります。

しかし、無料で楽しめるアダルトサイトは、法律的にも危険度的にもあまりよろしくありません。

著作権の問題やウイルス感染など大きな被害に巻き込まれることもあります。

むやみに怪しそうなサイトを見て回るのは避けましょう。

>> 無料でも使える安心安全なAV動画サイトを詳しく知りたい方はこちら

今すぐセフレをつくる方法!AV女優も使ってる!?

SEXする相手を見つけるために使われているのは、隠すまでもなく出会い系サイトです。

おすすめは

の3つ。

出会い系サイトと聞くと「危ない」「怪しい」「やめたほうがいい」などと思う方も多いかもしれません。

ですが、紹介した3つのサイトは、大手で安心なのはもちろん、運営歴長く、会員数も1,000万人を超える規模です。

某AV女優も使っているとインターネット番組で暴露されていたのは有名です。

>> PCMAX(R18)に無料登録する
>> ワクワクメール(R18)に無料登録する
>> ハッピーメール(R18)に無料登録する

※複数サイトに登録することで、相性の合う相手が見つかる可能性が高まります。人気会員はすぐマッチングして、早く退会してしまうので、いい相手が他の人に取られないよう早めに無料登録しておきましょう!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-エロ体験談

© 2021 えちえち